ヒルドイドで妊娠線を改善

妊娠線はヒルドイドで改善

最高の保湿剤ヒルドイドは自宅でお手軽通販!

個人輸入なら、自宅でヒルドイドを処方箋無しで通販できますよ!
自宅でヒルドイド通販
  • 全国送料無料でお届け!
  • 皮膚科やクリニックに行く暇がない方。
  • 処方箋無しで毎回ヒルドイドを自宅で通販したい方。
  • 皮膚科じゃできない「まとめ買い」をしたい方。

ヒルドイドで妊娠線を改善する

妊娠線こちらではヒルドイドの保湿、血行促進効果が妊娠線の改善に効果がある理由を説明します。

 

妊娠した女性が気になることといえば、体重の増加とそれに伴ってでてくる妊娠線のことではないでしょうか。

 

また、すでに出産を終えた女性も、妊娠中にできた妊娠線が消えずに残っているため、おへそがでる服や水着を着れなくなったという方も多いはずです。

 

妊娠線は誰にでもできるわけではなく、妊娠中まったくできない方もいればお腹中がひび割れたようになってしまう方もいます。

 

お尻やお腹以外にも太もも、二の腕、バストなど、できる場所もその程度も様々です。

 

妊娠線ができる原因は大きく分けて2つあり、ひとつは「皮膚が急激に伸びたこと」によるもの。

 

もうひとつは「ホルモンの影響」です。2つに分かれているというより、両方の理由が合わさって妊娠線ができてしまうともいえるかもしれません。

 

ひとつめの「皮膚の急激な伸び」についてですが、妊娠中はお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、どんどんお尻やお腹が大きくなっていきます。

 

皮膚の表面にある表皮と呼ばれる層は大きくなっていくお腹やお尻と一緒に伸びていくことができるのですが、表皮の奥にある真皮層と呼ばれる層は表皮の急激な伸びについていくことができません。

 

真皮層はコラーゲンやエラスチンといった繊維状の細胞が絡み合ったような形でできており、皮膚の急激な伸びについていけなくなった線維細胞に亀裂が入ってしまいます。

 

ヒルドイドは皮膚の代謝を上げることで亀裂を改善します。

 

皮膚の奥にある真皮層で断裂が起こっているものの、そのうえにある皮膚層に断裂は起きていないため、皮膚の表面では真皮層の断裂部分から毛細血管が透けてみえて赤紫色のような線状の妊娠線が現れます。

 

上記のため肌の代謝アップ効果があるヒルドイドは妊娠線を薄くできるのです。

 

妊娠線のふたつめ原因「ホルモンの影響」について、妊娠中はコルチコステロイドというステロイドホルモンの分泌量が増加します。

 

このステロイドホルモンは肌の新陳代謝を抑制してしまう作用があるため、皮膚細胞の生まれ変わりが邪魔されてしまいます。

 

新陳代謝が活発に行われないと、新しい肌が生まれにくくなりますので、肌の弾力やハリが失われやすくなります。

 

妊娠中は急速にお腹やお尻の皮膚が伸びることも珍しくないため、ステロイドホルモンのせいで弾力を失った真皮層には断裂が起こりやすくなってしまうというわけです。

 

お腹が大きくなるにつれステロイドホルモンの分泌量も増え、さらに皮膚の再生力が落ちて妊娠線ができやすくなるという、妊娠時特有の条件が重なり合ってしまうことが妊娠線発生の原因といえます。

 

妊娠線はできたら消えることがないといわれています。実際に、妊娠線は皮膚の奥にある真皮層が断裂してしまうことでできるため、完全にきれいに消すことは難しいのが現状です。

 

しかし、ヒルドイドが持つ血行促進作用により皮膚の新陳代謝を高めることで改善させることは可能です。

 

妊娠線ができたばかりのときは、真皮層が裂けてしまったことでその奥にある毛細血管が透けてみえます。

 

その後、妊娠線をそのままにしておくと裂けた部分が再生の過程で白く変化し、いままで赤紫色だった妊娠線が白っぽい線に変ります。

 

裂けてしまった真皮層をもとに戻すことはできませんが、その上の表皮の再生を促してあげれば、再生した表皮が妊娠線を隠してくれます。

 

ヒルドイドによって表皮の新陳代謝が活発になれば細胞の再生も活発になるため妊娠線を目立たなくさせることができるようになります。

 

細胞の生まれ変わりは3か月ほどのサイクルになっていますので、最低3か月以上はヒルドイドを塗り続けてみてください。

 

もちろん妊娠線ができる前に予防することが大切ですし、ヒルドイドは妊娠線の予防にこそ効果を発揮します。

 

ヒルドイドは皮膚細胞そのものに水分を溜めこむ働きがありますので、皮膚の乾燥を予防して真皮層の断裂を防ぐ手助けをしてくれます。

 

ヒルドイドをお腹が大きくなり始めるまえから保湿剤として毎日塗りこんでおけば、中期以降の妊娠線の予防に効果的です。

 

ヒルドイドの主成分は私たちの体内にあるヘパリンという成分ととても良く似た構造のため、副作用が起こりにくい安全性の高い薬剤とされています。

 

妊娠線ができるころになると、皮膚の内部が伸びようとする表皮にひっぱられたり、ホルモンバランスの乱れがもとになって皮膚に痒みが起こることがあります。

 

ヒルドイドはそのような妊娠中の皮膚の痒みにも処方される薬なので妊娠中でも安心して使用することができます。

 

妊娠線予防や痒み対策で使用する際には、念のため、必ず医師に処方してもらったヒルドイドを使用するようにしましょう。

 

最高の保湿剤ヒルドイドは自宅でお手軽通販!

個人輸入なら、自宅でヒルドイドを処方箋無しで通販できますよ!
自宅でヒルドイド通販
  • 全国送料無料でお届け!
  • 皮膚科やクリニックに行く暇がない方。
  • 処方箋無しで毎回ヒルドイドを自宅で通販したい方。
  • 皮膚科じゃできない「まとめ買い」をしたい方。

ホーム RSS購読 サイトマップ